上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
週末久々に、主人鎌倉へ行って来ました
ここのところ主人の仕事が忙しくて(いつもだけどなかなか鎌倉へ行けなかったんです


今回の一番の目的は、結婚11年目を祝うためのディナーです
でも、その前にせっかく鎌倉に来たのですから、お寺にも行きたいし甘いものも食べたい。



そこで、北鎌倉にある「紫穂の里」
siho2.jpg
こちらは、私が食べた粟餅入りぜんざい
柔らかい餅にぜんざいが絡んで美味しいこと
一緒についてくる昆布も柚子シャーベットも美味しいですよ



そしてこのお店に行ったらぜひ食べて欲しいのが
siho1.jpg
京風のみたらし
上品なタレと柔らかいお団子がたまらなく美味しいです





そこからお寺へ向かうために線路沿いを歩いていたら、
これは絶対に(建築)デザイナーの建物だというおしゃれな白い建物が
なんと、1階は猫の絵のギャラリー

ここは、鎌倉好きの猫好きにちまたで知られた「猫の箱」です。
(撮影禁止のため、写真が載せられないのが残念ですが、HPのリンクを貼ってあるので見に行ってくださいね


画家である気さくなご主人と、絵のモデルである猫ちゃん達、
マロンちゃんプリンちゃんごはんちゃんみかんちゃんおでんちゃんの誰かに会えますよ
私が行った日は、みかんちゃんが看板猫を勤めてました
(残念ながらこの日は、建築家である奥様には会えませんでした)


帰ってきてHPを見てから知ったのですが、
なんと自分の家族の猫ちゃん犬ちゃんも書いてもらえるそう


ギャラリーで猫ちゃん達への愛情がいっぱいの絵を見た瞬間に
ふくちゃんも書いて欲しい~って思ったのですが、
失礼かなと思ってその場では聞けなかったんですよね
きっと高いだろうけど・・・


でも、我が子(猫)を書いて欲しいって思える画家さんには、
なかなか出会えないと思うんです


なんて言うのかな
よくネットなどでペットのイラスト書きますとかあるけど、
見本のイラストを見ると生き生きした雰囲気が得られないのですよね。
あくまでもただ単に似せて書きましたって感じで絵から「生」が感じられないって言うのかな。
大抵の絵は目が死んでるのですよ・・・
その点、猫の箱ギャラリーの絵は、生きていると私は感じました



po-zu.jpg
お金に少し余裕が出来たら、可愛くてたまらないふくちゃんを書いてもらいたいな

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
2008.11.26 | 鎌倉 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。